不動産売却のコツ

  • 売却方法その1 高く売却したい方
  • 売却方法その2 早く売却したい方
  • 売却方法その3 返済にお困りの方
  • 売却方法その4 収益物件を手放す
  • 売却実績・お客様の声
  • 不動産売却のコツ
  • 不動産会社の選び方
  • 相続や離婚に伴う不動産売却

当社が選ばれる理由

マンション図鑑

お知らせ
  • Q&A
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

購入を検討されている方はこちらをご覧ください。

理想の不動産売却を実現するには

理想の不動産売却を実現するには

不動産の売却をお考えの方の中には、様々な事情をお持ちの方がいらっしゃいます。広島エリアを中心に不動産売却を承る「広島市不動産売却査定.net」では、少しでも皆様のお力になれるよう、最適なご提案を行っています。

売却の際は、「早く売りたい」「高く売りたい」といった目的に合わせて任意売却、仲介売却、現金買取(不動産買取)などからお選びいただけます。不動産の売却にお悩みの方、まずはお気軽に不動産査定をご依頼ください。以下では、不動産売却の基礎知識や高く売るためのコツについてご紹介します。

仲介売却

仲介売却

「仲介売却」とは、不動産会社に依頼して一般市場で購入希望者を見つけてもらい、売却価格や売却時期などを購入希望者と調整しながら物件の売却を進めていく、不動産の売却においてもっとも一般的な売却方法です。仲介売却をご検討の方はこちらをご覧ください。

仲介売却について

現金買取

現金買取

不動産を手放してすぐに現金化したいという方には、物件を市場で販売せず、不動産会社に直接買い取ってもらう「現金買取(不動産買取)」という方法がおすすめです。仲介売却に比べて売値は下がってしまいますが、購入希望者を見つけるための時間がかかりません。

現金買取について

任意売却

任意売却

住宅ローンを滞納して競売を待つしかない状況に陥ったとき、金融機関との合意により住宅を売却する手続きを、「任意売却」と言います。任意売却では債権者と話し合った上で、物件を市場価格に近い売値で売却することができます。住宅ローンでお困りの方は、新しい生活を再スタートさせるためにも、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。

任意売却について

なるべく高く売却するためのコツ

あなたにとって大切な不動産。様々な事情によって売却する場合には、できるかぎり高く評価してくれる買主に売りたいと思うことでしょう。こちらでは不動産をスムーズに、そしてできるだけ高く売却するためのコツをご紹介します。

なぜ売却したいのか動機を明確にする

希望通りの売却を実現するにはまず、所有している不動産をなぜ売らなければならないのか、動機を明らかにしておきましょう。すると、自分の中での優先順位が見えてきて、今後の売却プロセスや売却方法なども定まってきます。もちろん、それによって、売却価格や売却までの期間にも違いがでてきます。

交渉の余地を残した価格設定を行う

物件売却で重要なのは売り出し価格の設定です。大切な不動産ですから、高く売りたい気持ちはわかりますが、市場価格からかけ離れた高い価格だと、購入の検討さえしてもらえません。逆に売り出し価格が低すぎると、買い手はつきやすいですが、期待を大きく下回った金額で売らざるを得なくなってしまうこともあります。

まずは周辺地域の相場を十分にリサーチした上で、売り出し時の価格よりも、「交渉によって少し下がるかもしれない」という余地を見越した上で、価格を設定することが重要です。

掃除&整理整頓を徹底する

不動産を高く売るには、内見は非常に重要な要素になります。「どうせ中古物件だから」と、汚れや傷みが目立つ状態でお部屋を見せるのは禁物。日頃からきれいに掃除し、整理整頓を心がけましょう。買い手側のニーズは様々です。中には、中古だけでなく新築物件も視野に入れている人もいるのです。

また内見者は、「この物件を買ったらどんな生活ができるだろう?」と想像しながら物件を見ています。部屋には不要なものをできるだけ置かず、シンプルな状態にしておきましょう。さらに、家の中のニオイにも要注意。住んでいる人にはわからなくても、外から来た人には、カビやペット、タバコのニオイなどが気になるもの。見た目はきれいでもニオイによって購入意欲を減退させてしまうこともあるのです。

売却前の引っ越しはしない

「住み続けながら売却はできるの?」とお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、実は意外にも生活感のある家のほうが売りやすいのです。空き家になってしまうと家は急激に傷んでいく上、ガランとした家では生活のイメージが湧きにくく、家自体の魅力も半減してしまうからです。ただし、住みながらの売却では内見者への対応など面倒なこともありますので、その点はご協力いただく必要があります。

契約締結後は契約内容を絶対に変えない

売買契約の締結時には、契約書の内容をしっかり確認し、その内容は絶対に変更しないでください。たとえば買主に引き渡し日を少し早めてほしいとお願いされても、それに応じてはいけません。内容を変更することで、契約自体が無効になってしまう恐れがあるためです。

【PICK UP!】リフォーム

リフォーム

不動産を売却する場合、リフォームをしたほうがいいのか、売主様にとっては頭を悩ませるポイントでしょう。ズバリ、リフォームは、売値アップさせるのに有効な手段です。壁紙がボロボロ、破れが目立つ障子、すりきれた畳など……部屋の傷みのひどい物件を購入したいと思うでしょうか?

購入希望者は中古物件であることは事前にわかっています。ですから、リフォームに多額のお金をかけて新品同様にまでする必要はありません。内見に訪れたとき、部屋の様子を見て、「すぐに住めそう」と思ってもらえる程度にきれいにすれば、十分なのです。

当社では不動産物件のリフォームについても長年の実績があります。物件を高く売却するためにリフォームが必要な場合には、物件の状態に合わせて最適なご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

トップに戻る